スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渚にて

先日リチャード・ボナのムニア~ザ・テイルのレビューを書きました。
そして今日、ブラックミュージック名盤/試聴さんからトラック・バックをしていただきました。
パパモフの午前ダンスにとって、初のトラックバック!ワタシごときの駄文にTBしてもらえるなんて、とても嬉しいです。

そこで今回のレビューは、ジョー・サンプルの『渚にて』にすることにしました。
ブラックミュージック名盤/試聴さんが、ご紹介されている、『虹の楽園』の次に発表されたアルバムです。ソロ第2作目にあたる本作では、ジョーのいきいきとしたピアノをたっぷりと聴くことができます。

B00024Z996渚にて
ジョー・サンプル スティックス・フーパー ディーン・パークス

曲名リスト
1. カーメル
2. 淡彩画
3. カナリー・ロウ
4. 雨のモンタレー
5. サンライズ
6. ミッドナイト・アンド・ミスト
7. 昨日より美しく

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




エイブラハム・ラボリエルの粘り気のあるベースがやけに耳につく、「カーメル(Carmel)」が1曲目です。曲はジョーのピアノが奏でる印象的なパートを繰り返しながら進んでいきます。しょっぱなから聴き応えのあるナンバーを聴くことができます。

続く2曲目は、うって変わって落ち着いた雰囲気をもつ、「淡彩画(Paintings)」です。リリカルな音色のジョーのピアノが、まるであたりの空気を包み込んでしまうような、そんな印象を与えます。ここでも的確なベース・ラインをエイブラハム・ラボリエルが弾いています。

「カナリー・ロウ(Cannery Row)」はとても楽しげなナンバーです。それぞれの楽器がなんとも小気味良く跳ねている感じがします。知らず知らずのうちに体がリズムと同期してました。

アルバムは中盤に差し掛かってきました。浮遊感を感じさせる曲調の「雨のモンタレー(A Rainy Day In Monterey)」が4曲目です。この曲では、アルバム中唯一、ジョーがエレピを弾きまくっています。少し、フェーズ感のあるトーンがなんともコロコロした音色でいい感じです。

5曲目は、「サンライズ(Sunrise)」です。ジョーのピアノが、曲に動きをもたらしているようです。ベースの雰囲気がさっきまでとは異なるなぁ、と思ってクレジットを確認してみると、ここでベースを弾いているのは、Byron Miller(なんて発音するんだろ?)です。実は彼のことは詳しくありませんm(_ _)m

6曲目の「ミッドナイト・アンド・ミスト(Midnight and Mist)」はジョーのアコースティックな響きのピアノのあと、ディーン・パークス(Dean Parks)のギターが、歯切れの良いカッティングを聴かせてくれます。それと同時にエイブラハム・ラボリエルのゴリゴリっとした音色のベースが絡みます。しなやかにそして軽やかに綺麗で繊細なピアノをジョーが操っています。そこへHubert Laws(良く知りません)のフルート・ソロが入ってきて、そのままフェード・アウトします。

落ち着いた雰囲気のジョーのピアノで始まる、「昨日より美しく(More Beautiful Each Day)」がアルバムのラストを飾ります。ダイナミクスを巧みにつけた抑揚の効いたピアノが、なめらかに音を繋いでいきます。この曲を影で支えるエイブラハム・ラボリエルのベースも一聴の価値ありだと思います。曲の雰囲気を壊さず、だからと言って引っ込みすぎない絶妙な演奏です。そしてディーン・パークスのアコースティック・ギターが静かに曲を終わらせます。


アルバム全体を通して、まずジョー・サンプルが弾くアコースティック・ピアノの音がとてもキレイだなといった印象を受けました。スローな曲でも少しテンポが速くてリズミックな曲においても、彼のピアノは終始、その美しさを伴っています。先ほども少し書きましたが、抑揚のつけかたが巧くそれゆえ情感豊かにピアノを鳴らすことが出来るのでしょう。
聴き終えた時、なんだか少し、優しい落ち着いた気分になっていました。
何度も何度も繰り返し聴きたくなる。これはワタシにとってそんなアルバムなのです。

Ranking投票お願いします






スポンサーサイト

コメント

はじめまして

私も偶然これを取り上げました。
TBさせてください。
よろしくお願いします。

TBありがとうございます!

Skenさん
はじめまして。パパモフです。

こちらからもTB送らせていただきました!

これからも遊びに来て下さいね。
ワタシも行きますので。

すみません

私のブログをミスで消してしまいました。
もう一度TBさせてください。
以前のものは削除をお願いします。
よろしくお願いします。

(・o・)ゞ了解いたしました!

Skenさん
こんばんわ。

TB先の記事が消えてしまっているのですね。
ご依頼通り、こちらのTB削除しておきます。

記事が復活したら是非TB送って下さい。
お待ちしております♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kero256.blog14.fc2.com/tb.php/25-56911156

Munia / The Tale (Richard Bona)

World-Africa : ★★★★☆ Munia/The Tale 指の動きよりも心の動きに耳を傾ける リチャード・ボナ、2003年の作品。「ジャコ・パストリアスの肖像」を聴きベーシストを志した過去。ザヴィヌルシンジケートやパット・メセニーグループでの活

よく聴きました

1978年ぐらいから81年ぐらいまでが彼のソロでのキャリアの第一次全盛期ではないかな、と思ってます。前年に『Rainbow Seeker』が出ていて、それもよく聴いていました。当時は「ジョー・サンプル」なんて誰?って感じだったので、日本盤はビクターから出たけど...

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。