スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レヴランス

今回は、リチャード・ボナの『レヴランス』です。

B00005NYR3レヴランス
リチャード・ボナ

by G-Tools


では早速、各曲の紹介とまいりましょう♪

1, インヴォケイション(祈り)
いつ聴いても、その優しい歌声に心洗われるようです。ボナの飾り気のないドゥアラ語のアカペラが、ワタシをすがすがしい気持ちにするんです。もちろんドゥアラ語はチンプンカンプンなのですが・・・
きっと、言葉の壁を超えた何かがワタシをそんな気持ちにさせるのでしょう。



2, ビソ・ババ(いつも一緒に)
ボナの歌声にしばし聴き入ったあと、短いドラムスの入りから始まります。
ズッシリとした重量感のあるボナのベース、そこへ彼の優しいヴォーカルがのっていきます。そして曲の中間部でボナの素晴らしいベースが聴けます。そのタイム感/フレーズに早くも、お口アングリです。

3, スニンガ(いつ逢えるだろうか)
アコースティック・ギターの静かな調べが印象的なナンバー。
ここでもボナの優しくて柔らかな歌声をたっぷりと聴くことが出来ます。まるで上等のビロードのような声で、思わず天使のような、とか思ってしまいます。先日レューした「ムニア~ザ・テイル」でも書きましたが、今ではすっかり彼のヴォーカルのファンになってしまいました。4分ほどの短い曲ですが、とても落ち着いた感じの素敵な曲だと思います。

4, エクワ・ムワト(魂の叫び)
ミディアム/スローテンポの曲が続きます。ピアノとパーカッションが民族音楽的なイメージをワタシの脳裏に浮かばせます。ワタシはウオッシュボード(かな?)の音がお気に入りです。(違ってたらごめんなさいね)

5, スウィート・メアリー(誰にも選ぶ権利がある)
なんとなく可愛らしい音色のギター・カッティングとパーカッション、そしてボナのヴォーカルが絡み合いながら始まるこの曲。これまでの曲と比べると若干テンポアップした感があるのですが、それでもこの妙な“安らぎ感”は一体なんなんでしょうね。ボナの虜状態のワタシにもはや客観的な耳などないのかも知れませんw
途中でちょっぴり顔を出す口笛ソロもとってもキュートで、この曲にピッタリです。

6, レヴランス(奇跡の物語)
アコースティック・ギターが静かに曲を始め、そこへボナの歌うようなベースが登場します。ヴォーカルにベース、パーカッションにギターと何でもこなすボナですが、スローなこの曲でのベース・ソロは特に気に入っています。フレットレスベースから紡ぎだされる素晴らしい“声”を堪能することが出来ます。

7, テ・ミセア(この地球を救うために)
ここで聴かれるギターも可愛らしい音色で好きです。可愛らしいというと語弊があるかな?うーんと、そうそう軽やかで爽やかな感じのカッティングなんだと思いますよ。っていうか可愛い感じ?w
ボナのベース/ヴォーカルは、ともに力強い印象を受けます。しっかりと大地を踏みしめてるなー、なんていうイメージをワタシは思い浮かべました。

8, ムントゥラ・モト(長寿の祝福)
これ。このアルバムの中でワタシのお気に入りの曲です。まずここで聴くことの出来るピアノがワタシの琴線にヒット!そして相変わらず優しさに満ち満ちたボナのヴォーカル。いちいち言葉で説明しようとすること自体、バカバカしくなってくるほどの素晴らしさです。ボナを聴き始めた動機が、「ベース聴きたさ」だったワタシが、正直ここまで彼のヴォーカルにハマッてしまうなんて、ワタシ自身ですら予測不可能だったとです!

9, ラカンバ(赦しの祈り<獅子の誇りをもって>)
パーカッションがやけに印象に残る曲ですね。まあそれはこの曲に限ったことではないのですが。もうね、なんかどの曲を聴いても素直に「良い♪」と感じてしまうんですよ。

10, ンガンダ・ンドゥトゥ(未亡人の踊り<新しい人生の祝福>)
なんかね、この曲の始まりの部分で子供がアカペラで歌っているんですよ。う~ん、微笑ましいなぁ・・・なんて思っていたら、そのアカペラの最後のほうでなんか「ヴエ~~~」と聴こえるんです・・・
まっ、それは置いといてっと。
このアルバムの中で最もリズミカルでノリが良くて、跳ねる感じの曲だと思います。そしてボナのベース・プレイも粘っこさ+リズム感の良さ+スピード感が揃った三拍子といった感じで、聴いていてとても楽しめると思います。ところどころで聴くことが出来るボナの“スピード違反フレーズ”も聴きものです。それからホーンもいい味を加えていて、曲を盛り上げるのに貢献しています。

11, エソカ(自分を信じて)
2分にも満たない短い曲です。ピアノをバックにボナが語りかけるように歌います。これって14,をドゥアラ語で歌っているんですよね?14,に比べるとだいぶ短くシンプルにアレンジされていますが、とっても優しい気持ちになれる素敵な演奏だと思います。

12, ンバンガ・クンバ(二つの町を結ぶ列車)
ジャコ・パストリアス肖像に収録されている「ドナ・リー」や、かなり雰囲気は異なりますが、ジャコのソロ2作目の『ワード・オブ・マウス』の1曲目、「クライシス」にも通じるような、とてつもないスピードと動きのあるベースを聴くことが出来ます。曲中で一瞬だけ速いフレーズが出てくるとかじゃないんだもんなー。ずーっとこれを維持するんだもの、そのテクニック&持久力にただただため息が漏れるばかり。
あえて一言だけ言わせて頂くとすれば、やはり
「ボナさん、あんた凄いよ・・・マジ凄すぎるよ・・・」 でしょうかw

13, パァル・モア・ドゥ・トワ(君のことを話して)
さきほどとは一変して落ち着いた雰囲気を持つ曲が始まります。各パートがそれぞれの音を的確に散りばめていっているような感を受けます。それはきっと彼の中から自然に湧き出てくるものなのでしょう。どの部分がどう素晴らしいかなんて、おこがましくてとても言えません(今まで散々好き勝手書いてますがw)

14, 風がくれたメロディー
この曲と13,は日本語盤だけのボーナス・トラックなのですが、この14,はなんとあの「NHKのみんなのうた」で放送されたものだそうです。(11,に比べると軽快な雰囲気で、ちょっと長めです。)ワタシは残念ながら実際に放送されていたのを観たことがないのですが、このレビューを読んでくださっている方の中には、ひょっとしたら耳にしたことがある人がいらっしゃるかも知れませんね。
ここで驚くのは、ボナがなんと「日本語」で歌っていることです。最初、聴いたときは誰かゲスト・ヴォーカルが参加しているのかと思いました。でも確認してみるとボナ本人が歌っているということ。想像以上に上手です。ですがそういった歌の上手い下手とかではなく、そこには聴くものも心にストレートに響いてくる歌を歌い聴かせてくれるボナがいるということです。
この曲に限らず、ボナの音楽が聴く者の心を捉えて離さないのは、(ここで言う聴く者とは、もちろんワタシです)きっと、そこにボナの人柄や気持ちが溢れ、にじみ出ているからなのかなーとか思います。
素晴らしい音楽を聴いている時、聴こえてくる音と一緒に、それを表現する人間そのものの魅力も同時にこちらに伝わってきたりするということがあると思います。リチャード・ボナの音楽を聴くと、柄にもなくそんな事を考えたりしてしまうワタシなのでした。

Ranking投票お願いします

B00005NYR3レヴランス
リチャード・ボナ

おすすめ平均 star
starアフリカ大草原の風が吹いてきます
star色々な可能性を、感じる
starリチャード・ボナの魅力満載!!

曲名リスト
1. インヴォケイション(祈り)
2. ビソ・ババ(いつも一緒に)
3. スニンガ(いつ逢えるだろうか)
4. エクワ・ムワト(魂の叫び)
5. スウィート・メアリー(誰にも選ぶ権利がある)
6. レヴランス(奇跡の物語)
7. テ・ミセア(この地球を救うために)
8. ムントゥラ・モト(長寿の祝福)
9. ラカンバ(赦しの祈り<獅子の誇りをもって>)
10. ンガンダ・ンドゥトゥ(未亡人の踊り<新しい人生の祝福>)
11. エソカ(自分を信じて)
12. ンバンガ・クンバ(二つの町を結ぶ列車)
13. パァル・モア・ドゥ・トワ(君のことを話して)
14. 風がくれたメロディー ※〈CDテキスト〉

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

パパモフさんこんばんは!
詳細かつ丁寧なレポート、楽しませて頂きました(^^)
ホントに結局のところ、ボナのCDを聴いていつも思うのは
ボナさん、あんた凄いよ・・・マジ凄すぎるよ・・・
この一言に尽きちゃいますね(笑)
まさに音楽の化身、という感じです。
DVD、本当に待ち遠しいですね。
出たらお互いレビューしましょう(^^)
ではまた!(^^)/~~~

お帰りなさい!

Kotaさん
??????????鵢ä?Ф?ä?礦?
コメント誠にありがとうございました。
>まさに音楽の化身、という感じです。
ええ。ええ。まったく同感です。
>DVD、本当に待ち遠しいですね。
>出たらお互いレビューしましょう(^^)
レビューを書ける日が一日も早く来るといいんですけどね~
あー早く発売されないかな~ 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kero256.blog14.fc2.com/tb.php/27-a19fd108

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。