スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バースディ・コンサート (Birthday Concert)

『グッド・イヴニング!グッド・イヴニング!!!』

このコンサートでのジャコは終始上機嫌。

バースディ・コンサート
B00005HG30ジャコ・パストリアス ボブ・ミンツァー マイケル・ブレッカー

おすすめ平均
starsジャコの誕生パーティ
stars今も色褪せることなく
starsマイケルブレッカーがすごい。みんなすごい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[携帯用リンク>>Birthday Concert]

※ 輸入盤のほうがお買い得です。Birthday Concert

81年の誕生日に行われたコンサート。
1951年12月1日生まれの彼は、この時30歳になったわけだ。

しかし、それだけではない。

これは、彼のバンド、「ワード・オブ・マウス・ビッグバンド」のお披露目ライブを、音源化した作品なのだ。

ワード・オブ・マウスのデビューは、スタジオ作品だった。
緻密に練り上げられた楽曲たちが、その圧倒的なクオリティで、
全世界のジャコ・フリークたちの、度肝を抜いたのだ。

そして、このライブ・アルバムである。



Ranking投票>>

【収録曲】
1.ソウル・イントロ/ザ・チキン
2.コンティニューム
3.インヴィテイション
4.スリー・ヴューズ・オブ・ア・シークレット
5.リバティ・シティ
6.パンク・ジャズ
7.ハッピー・バースデイ
8.レーザ
9.ドミンゴ
10.バンド・イントロ
11.アメリカ



1.ソウル・イントロ/ザ・チキン


この躍動感! 文句なく最高!!!


2.コンティニューム


この世で、もっとも美しい楽曲のひとつでしょう!!!


3.インヴィテイション


この緊迫感は尋常じゃないのだ!!!


4.スリー・ヴューズ・オブ・ア・シークレット


ジャコの作曲能力は、まさに芸術的!!!


5.リバティ・シティ


何度聴いてもワクワクする感じが(#  ̄ー ̄)〇"グッ


6.パンク・ジャズ


ジャコは生涯、そのパンク精神を貫き通したのだ!!!



7.ハッピー・バースデイ


この夜、ジャコ以外のメンバーは密かな計画を実行した。
それがコレ。

突然始まった演奏に、何が起こったか分らずに呆然とするジャコの姿が目に浮かぶ。
そして、それが自分の誕生日を祝ってくれている「歌」だと分った時、
ジャコは、胸の奥からじんわりと熱いものがこみ上げてくるのを感じたことだろう。

ハッピーバースディ!ジャコ!!!


8.レーザ


他の何物にも似ていない、ジャコのJazzがここにあるのだ!


9.ドミンゴ


静と動。その対比が極上の美しさを形成する。ジャコの超人的なベース・プレイも聴きものなのだ!!!


10.バンド・イントロ


メンバー紹介なのだ。ピーター・アースキンの時の聴衆の反応が凄いのだ。


11.アメリカ


せつなく、そして内に秘めた熱い何かを感じさせる独奏!

ジャコのエレクトリック・ベースから、あなたは何を感じますか?






まとめ


ジャコ・パストリアスは、ワタシにとって特別な存在なのか?
答えは分りきっている。

ジャコを知る以前、そしてジャコを知った後。
ワタシは多くのベーシストの演奏を聴いてきたと思う。

そんな中、たくさんのベーシストに魅了されてきた。
ある時は、テクニックに酔いしれ、またある時は、そのフレーズ・センスに溜息をつきながら。

しかし、やはりジャコは特別だ。
彼には、底知れぬ何かがある。人を惹きつける不思議な魅力が。

生前の彼を知るミュージシャンたちは、異口同音に言っている。
「ジャコには、生まれながらに人を惹きつけるものがある」と。

カリスマ性とかスター性とかいう言葉で表すことの出来る性質のものなのかも知れない。

ワタシをはじめとして、ジャコの『音』にしか触れること出来ない人は、どうなのだろうか?

彼の強烈な個性や、その音楽から発せられる圧倒的な生命エネルギーを感じ取っているのだろうか?

答えは、Yesなのだろう。

だからこそ、彼の死後、さまざまな形で彼に関する音源が、我々に届けられるのだ。
ジャコに思いを寄せる人の思いが、彼の音楽をより一層素晴らしいものとして、後世に伝えていく。
これからも、この先もずっと。



Ranking投票お願いします





スポンサーサイト

コメント

Jaco Pastorius

はじめまして、
「mirukoの時間」のakeminです。
私も
Jaco Pastoriusについて書いています。よろしかったら遊びにきてください!


CDジャケットの帯表記!

akemin さん
はじめまして。ようこそおいで下さいました。

コメント書き込み感謝です。お返事遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

akemin さんのブログ拝見させていただきましたよ。
帯表記の記事を「うんうん。そうそう!そうなんだよなぁ~」と首を縦に振りながら読ませていただきましたです。
確かに、そうなんですよね。
ワタシも、ハンコックのミスター・ハンズで、akemin さんとまったく同様のミス(?)をした記憶がありますw

まぁ、それはさておき、ジャコの音楽って素晴らしいですよね!
またakemin さんのところにも遊びにいきますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kero256.blog14.fc2.com/tb.php/77-23562ed6

マイケル・ブレッカー

マイケル・ブレッカーマイケル・ブレッカー(''Micheal Brecker''、1949年 -)は、ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれのアメリカ人ジャズ音楽家|演奏者である。圧倒

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。