スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tales From the Punchbowl

彼らの作品の中でも特にお気に入りの一枚。
ドラムスのTimが一時期バンドを離れる前に発表された作品。
Tales From the Punchbowl
Primus
Tales From the Punchbowl
曲名リスト
1. Professor Nutbutter's House Of Treats
2. Mrs. Blaileen
3. Wynona's Big Brown Beaver
4. Southbound Pachyderm
5. Space Farm
6. Year Of The Parrot
7. Hellbound 17 1/2 (Theme From)
8. Glass Sandwich
9. Del Davis Treefarm
10. De Anza Jig
11. On The Tweek Again
12. Over The Electric Grapevine
13. Captain Shiner

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[携帯用リンク>>Tales From the Punchbowl]

演奏はもちろん、というかありえないほどに複雑怪奇でテクニカル!
そして楽曲自体も半端じゃないほどに妙ちくりんなのだ!


なにはともあれほれ1曲目のProfessor Nutbutter's House Of Treatsにガッツゥ~ンと脳を揺らされる感じがしましたね、こいつを最初に聴いたときは。

(なにこのスピード感!?!?)

Timのドラミングが好きだっていうPRIMUSファンには堪らないくらいに素晴らしい音で録音されている彼のプレイがたっぷりと聴けるのもこのアルバムの特徴。
『スコンスコンッツッテケスコーーーーン』と抜けまくり疾走するタイコが気持ちいいっス。

ま、なんといってもLes Claypoolが肝です。
スラッピング、タッピング、そしてヴォーカルといつものように超絶(この言い方・・・w)んっんー、、、

ビッシビシと繰り出される超絶プレイに悶絶する以外術はありません。(ほんとに悶絶なんてしないけど)


ん?ラーについてどう思ってるか、だって?
えっとですね、「ラリー・ラロンデがザッパ・フリークなのはかなり有名な話」

どうしてもベースが目立つバンドなんだけど、ラーのギター抜きにはありえません。いやまじほんと。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kero256.blog14.fc2.com/tb.php/96-9107ea3f

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。